経済・政治・国際

2005/10/05

吉野家

吉野家株がストップ高、米国産牛肉の輸入再開見通しで(読売新聞)

 5日の東京株式市場で、牛丼チェーン大手の吉野家ディー・アンド・シー株は、買い注文が集中して株価が値幅制限の上限(ストップ高)にあたる前日比3万円高の20万1000円で取引を終えた。

 米国産牛肉の輸入が年内に再開される公算が大きくなったことを受け、「牛丼販売が再開されれば、吉野家の収益改善が期待できる」(市場関係者)との見方から、買い進まれた。

企業業績がアップする事は、日本経済にとって喜ばしいことこの上ありませんが・・・本当に安全と言えるのでしょうか?

BSEは、急に影響が出るわけでもないし、日本がいまだ全頭検査をしているのに、はなはだ疑問です。

食品業界の知り合いに「これだけ安全性が問われている時なのに体に悪いといわれてる保存料などをなぜ大量に使うのか?」と依然聞いたことがあるが、答えはいたってシンプルでした「先の安全より今の安全を優先する」。いまだに心に引っかかっています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/09/12

片山さつき

今回の衆議院議員選挙、全国から注目された候補者の中で、静岡7区の小選挙区で当選した片山さつき議員。

落下傘候補としてその実力が問われたが、住民票を移したのはもちろん本籍まで移し、地区の自民党支部の挨拶時には、土下座して選挙協力を求めた。

そのかいあって、安部氏の秘蔵っ子と言われた城内氏を僅か700票あまりの接戦で当選を果たした。

彼女が、どのくらいの実力があるのか前夫の舛添氏の助言があったのかなど興味は尽きないが、今後の大いなる国政活動を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

日経平均

日経平均が、堅調だ!

円安を好感する動きや個人消費の持ち直しを期待する動きで堅調

日経平均            11,651.55 (△21.42)
日経225先物         11,660    (△20   )
TOPIX            1,186.09 (△ 4.29)
単純平均               441.65 (△ 1.89)
東証二部指数           3,678.50 (△37.13)
日経ジャスダック平均       2,009.31 (△ 9.28)
東証一部
値上がり銘柄数         1,060銘柄
値下がり銘柄数           435銘柄
変わらず              153銘柄
比較できず               0銘柄
騰落レシオ            121.53% -1.95%
為替(15時)          111.63円/米ドル

多少のもたつきは、あるものの比較的堅調な動きを見せている。

塩漬けになった銘柄を損切りもせずず~っと持って可愛がっています。

日々株価の値上がりに一喜一憂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

ハッカー攻撃

中国最大ハッカー組織、日本攻撃を計画…香港紙報道(読売新聞)

 【香港=関泰晴】1日付の中国系香港紙「文匯報」は、中国最大のハッカー組織「中国紅客連盟」が、「抗日戦争勝利60周年」に当たる今年の7~9月に日本に対する大規模なハッカー攻撃を計画していると報じた。

 「愛国」を標ぼうする同組織は昨年末に解散を宣言したものの、今年に入って復活。すでに3万5000人のメンバーを集めた。ハッカー攻撃の実行に備え、それぞれのメンバーを情報収集、攻撃、防御などの役割に分けて訓練を実施中という。

 同紙は、中国に対抗する日本のハッカーも、同連盟のコンピューターに対して、攻撃を続けているとしている。日中のサイバー空間では、それぞれのハッカーによる「戦闘」が繰り広げられている模様だ。

水面下で繰り広げられている・・・まさに戦闘ゲーム状態だ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/24

友、遠方よりきたる。

今日も快晴の天候の中、朝からお仕事でした・・・休日も休むことなく、頑張る「せりお」です。

・・・、で、昨日帰宅してみると、郵便受けの中に、見慣れぬ、でも懐かしい匂いのするメモ書き 「○○です。突然伺いすいません こちらに来る都合がありましたので、連絡もしないで大変申し訳ありませんが寄らせて頂きました。又 お電話させて頂きます。」

この○○さん、小学校六年生の時、好きだと告白されて、健全な楽しい思い出を沢山作った思い出の大切な人。

公明党の機関紙と共にメモが入っていただけに、複雑な心境。もうすぐ、国政選挙が、近いと活動を開始したのか??さすがに公明党(創価学会)の日頃からの組織活動は、すごいです。  ・・・だから、○○さんに一票!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/29

ブランドを築くネーミング

ブランドを築くネーミング
岩永義弘(いわながよしひろ)氏の講演会に出席。現役のコピーライターで、「新宿MYCITY」「からまん棒」「イオカード」ホンダの「STREAM」など多くのネーミングを市場に出している。強力でユニークなブランドコンセプトに基づいてブランドの核となる商品企画があり、そのコミュニケーション・コアとしてネーミングがあると。
要は、お客さんに特徴のある無しに関わらず、商品を買ってもらう為には、ついつい買いたくなるようなネーミングが必要だと。・・・で、最近は、キャッチフレーズが消えていると解説。代わりにネーミングがキャッチフレーズ化。例として、「おいしい牛乳」(明治乳業)、「白い約束」(日立製作所)、Gokuri(サントリー)、「無印良品」などネーミングが、商品の内容をキャッチコピー的に説明。一方、自動車は、まだまだ旧態のままで、ホンダの「MOBILIO」だけでは、どんな車かさっぱり分からないが、この車のキャッチフレーズのI hava familyって言うのを聞くとあ~、ふぁみりぃーで使う車かなって見えてくると。キャッチフレーズが消えて、ネーミングそのものがキャッチフレーズになっている現状から、今後どんな楽しいネーミングが世の中に出てくるのか楽しみです。と私の感想。せりおです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)